プロフィール

 

ziu7.jpg
眞邉 幸太郎

1973年1月生まれ 
NPO法人手技療術指導協会認定 手技療術師

 

◎この手技療術をやっている理由

【椎間板ヘルニア】 
20歳でぎっくり腰のような鋭く激しい痛みに襲われ整形外科にいきました。
当時勤めていた会社の近くの整形外科だったのですが、そこで椎間板ヘルニアと診断され、鎮痛剤をもらって牽引されて3週間くらい・・・・・

全然良くならない。痛みがあると仕事もままならない。

そこでブロック注射をすることに。
医師の説明では『効く人には1回の注射で10年以上効果がありますよ』との事だったので、すぐに注射してもらいました。
注射してもらうとビックリするくらい痛みがなくなり『おっ 治った』と思っていたいたんですが、それも2週間くらいだったでしょうか?

また痛みがでてきました『10年持つんじゃなかったのか・・・』前回と同じくらいの痛みです。

『何回も続けては注射できないよ、これも効かなかったら手術だねぇ』と言われつつまたブロック注射。
やっぱり2週間くらいしか効果がありません。当時、離島への転勤が決まっていました。・・・・・うーんこまった。鹿児島市内なら気長に様子を見ながら治療しようかともすることも考えられましたが、離島では整形外科もそんなにないだろうし・・・・と言うわけで鹿児島市内の某有名整形外科で手術。

【坐骨神経と整体】 
おかげで痛みもなく離島へ転勤。手術の為に1ヵ月半おくれでしたが・・・・・・
なんの不安もなくバリバリ仕事が出来ていたのですが、手術から1年後にそれはやってきました。
腰痛と坐骨神経痛。

会社近くの整骨院に半年ほど通いました。温熱治療と電気鍼と牽引、まったく効果がありません・・・・・
腰痛体操死ぬほどやりました。効果なし・・・・・
マッサージ。効果なし・・・・・
鍼灸。効果なし・・・・・

いいかげんウンザリしていたころ、会社を辞めて鹿児島へ帰って来る事になりました。
鹿児島へ帰ってきてまたまたいろんな整形外科や整骨院、マッサージなど行きましたがなかなか良くなりません。

そこで保険診療外のカイロ整体や無痛整体、ゆらし整体、気功などいろいろ行きました。いやー本当にホントにいろいろあらゆるトコロに行きました。往復3時間、治療時間まで含めると4時間のところにも通いました。それで感じたのは『僕には整体があってるのかも』って事です。
ただ、施術してもらって2,3日〜1週間は痛みもへるのですが、なかなか全快まではいかない。お金があれば痛みが戻ってくる前にまた施術してもらえばいいのでしょうけど、そこはしがないサラリーマン。お金がつづきません。

『誤魔化しながら神経痛とつきあっていくしかないかぁ』と思っていたところ、ある整体院にいきつきました。そこの整体は言葉にならないくらい痛くて痛くて・・・・・あまりの痛さに2回目の施術を受けるときはちょっと腰が引けました、でも神経痛は軽くなって。週に2回を1ヶ月、週1回を2ヶ月、2週1回を2ヶ月、月1回を3ヶ月くらいだったでしょうか?痛みを感じなくなりました。施術してもらうとまた痛くて・・・・でもさらに神経痛は軽くなって。

いままでいろんなところで治療を受けてきましたけど、こんなに痛くて効果のあったところは初めてでした。そして、辛い思いをしている人の痛みをとって喜んでもらえる仕事って『最高だろうなぁ〜』と思いました。

【整体師になる】 
それから何年かして、あの『最高だろうなぁ〜』って思いがよみがえってきたんです。だんだんとその思いが大きくなって、とうとう整体師を目指すことにしました。痛みをとってくれた整体師さんに弟子入りをお願いしたのですが、先生が高齢であること、弟子は取らない主義であることなどの為に許してもらえませんでした。

そこで、整体学校を調べてみると大きくわけて東洋医学系とカイロプラクティック系に別れていました。整体をいろいろ受けてみて自分には東洋医学系が効いたので、東洋医学系の整体を学ぶ事にし東京の整体スクールに入学。仕事をしながら一年近く鹿児島→東京を何度も往復しながら勉強しました。

そんなこんなで整体師となり整体院を開業したわけですが、やってみると同じような症状でも痛みのとれる人ととれない人が出てきました。そこで思ったのが同じ理論同じ手技でなぜ違いが出てくるんだろうということでした。痛みがとれる理由は分かるけど、とれない理由が分からない・・・・。

そうして悶々とあ〜でもないこ〜でもないと施術していた頃、またまたやってきました腰痛。そして坐骨神経痛!!!

【坐骨神経痛ふたたび】 
少し腰が重くなっていたので、勉強がてらに鹿屋のある整体院にいってヤラレマシタ。

カイロ系だったのですが、さらにひどくなってというか、すごくひどくなってその夜から立てなくなりました。翌朝も目が覚めて起き上がれるようになるまで30分・・・・・・トイレにも這っていくほどでした。

この痛みは最初のヘルニアの時よりもひどいものでした。自分と同じ流儀の整体は鹿児島県内にはなく一番近くても福岡・・・・そこで泣くなく整形外科を受診しました。

医師いわく『腰椎症ですね』・・・・分かってます。

レントゲンを撮ってみると20歳の時に手術した箇所の上下の骨が鋭く尖って神経に悪さしているようです。

そういうふうになる事があるのは分かっていましたが、自分がそうなるとは思ってもいませんでした。その整形外科で湿布薬と鎮痛剤と『安静にしてくださいね〜 一週間もすると痛みは引きますよ』の言葉をもらい、這うように帰宅。

一週間たってもまったく痛みは引きません。あまりの痛さに座薬も処方してもらいましたが、これがまったく全然効きません。

そこで鹿屋近辺の有名どころのカイロ系整体院(懲りないヤツ)にいってみましたが、効果なし・・・・かえって悪化させてくれたところもありました。自分と同じ経絡を謳っている整体やソフト整体、無痛整体、気功、レイキにもいきましたが効果なし。

その間も整体院はつづけていたのですが、お客さんより施術者のほうが痛いわけですから話になりません。脂汗を流しながら施術してました。そして当然お客様も少なくなりました。

『整体師つづけられないのかなぁ・・・開業半年でもう廃業かぁ?』と考えていた時にインターネットで自分と同じように東洋医学を基に施術している整体院を発見!!!早速、予約しました。

【療術との出会い】 
そこは鹿児島市吉野の松田カイロ療術院。

正直『 東洋医学と言いながらまたカイロなのかなぁ』 なんて事を思いつつあんまり期待せずに施術を受けたのですが、施術してもらってすぐに『 ここはいままでの整体とは違う!!!』

『 自分と同じ経絡を使う整体でもこんなに違うのか!!!』 と衝撃でしたし、自分の技術との差に愕然としました。

いままでの整体や鍼灸では、施術後にいままで10あった痛みがよくても8に減ったぐらいだったのですが、この整体は10あった痛みが3に減ったと感じられるほどの効果でした。

そこで『じつは鹿屋で整体師やってるんです、おなじように経絡を使ってます。』 と告白しました。すると松田先生『近く僕のお師匠が鹿児島に来るから、興味があったら会ってみる?』・・・・・会います!!!もちろんです!!!

【お師匠さん】
松田先生は整体スクールを主宰されていて、そのセミナーにお師匠さんが講師として来られるとの事。さっそくセミナーを受講する事に・・・・・・

そのセミナーでは、日頃自分で解答が出せなかったいろいろな事を質問し、疑問が解けていきました。

もちろん直接、施術もしてもらいさらに衝撃を受け『 この手技を自分のものにしたい』と弟子入りをお願いしました。

長くなりましが、こんな理由でこの手技療術をやってます。

【療術師になって】 
だいたい三ヶ月に一度の間隔でお師匠に手技の確認と修正をしてもらう。そんな感じで一年ほどが過ぎて、いまではお師匠さんの手技で療術師をやってます。いまでも一年に四回はお師匠さんのとこにいって手技の確認と修正をしてもらっています。

東洋医学は奥が深い・・・・もちろん西洋医学もそうなんでしょうが、勉強しても勉強してもまったく底が見えません。施術していても毎日まいにち疑問が出てきて、解答を見つけたと思ったらさらに疑問が出てきて・・・・・でも、痛みや不具合から解放される人が多くなってくると『僕が坐骨神経痛に悩まされたのもこの手技療術に出会う為に必要だったんだなぁ』と思える・・・・最近はそんな毎日です。